証(TESTIMONY)


1996年、当時16歳だった私に大きな人生の転機がやってきました。

私の通っていた学校(関西学院高等部)では年に一度ゴスペルコンサートを開催していたのですが、その年のゲストが日本のゴスペル第一人者であるラニー・ラッカー氏率いるMISSIONというグループでした。コンサートが始まるや否や、男子生徒900人が瞬く間に彼らの音楽に引き込まれていきました。「一緒に歌いましょう」というラニー氏の呼びかけに対し、生徒たちはノリノリ。前代未聞の盛り上がりを見せたコンサートでした。

 

コンサートが終わり、一部の人間がラニ―氏とのフェローシップ(交流会)に招かれました。感謝なことに、当日生徒会のメンバーだった私もその交流会に招かれたのですが、突然ラニー氏が「誰かピアノ弾ける人いない?」とその場にいた15名に問いかけました。手を上げようかどうか迷っていたその次の瞬間、私の友達が私の背中を強く押しました。私はラニー氏の前に押し出されてしまい、彼の前で演奏することに。とはいえ、目の前にあったピアノは61鍵の簡易キーボード...。当時私が譜面無しで弾ける曲といえばクラシック...。私は悲愴になりながらベートーベンの悲愴「第一楽章」を弾きました。(結果はお察しの通り、指は滑るわ鍵盤は足らないわで何とも悲惨な結末でした。)

 

しかし、その私の演奏を聴いた後、ラニー氏はこう言いました。

 

ーあなたは選ばれました!ー

 

そして彼は私に一枚のチラシを手渡しました。

それがその年に初めて開催された「関西年末ゴスペルワークショップ」という大型ワークショップでした。ゴスペルのゴの字も知らず、一度も教会に行ったことのない私がこのイベントに参加してよいものかと悩みましたが、私はそのワークショップに参加することを決めました。

 

そうして迎えたワークショップ初日、思いもよらない出来事が起こったのです。

「あなたは選ばれました」というラニー氏の言葉に胸を躍らせて会場入りした私は、『今日は一体どんな曲を弾かせてもらえるのだろう』とワクワクしていました。するとまもなくラニー氏が笑顔で登場し、颯爽と演奏を始めました。「いい曲だな。見事な演奏だなあ。」と思いながら傍聴していたのもつかの間、さっきまで演奏をしていた彼が急に立ち上がり、私に向かって「弾いてくださぁい!」と言うのです。私は一瞬で凍りついてしまいました。なぜなら、その曲は弾いたこともなければ聞いたこともない曲だったからです。もちろん、楽譜もありません。ただその場で茫然とする私に、彼はもう一度言いました。-弾いてくださぁい!ー 私は戸惑いましたが、正直に彼に答えました-「できません」ー。すると彼は私にこう言ったのです。ー「どうしてできない?なんでできない?」ー。その時私は初めて挫折を覚えたと同時に、その悔しさをバネに何とかやってやろうと躍起になりました。そしてその後の5日間、私は死に物狂いで練習しました。

 

いよいよコンサート当日。私が演奏する曲は最後から2番目でした。「大事なクライマックスを任されているんだ!今度こそは!」と意気込んでいる私を、またもや意外な結末が待ち受けていました。そう、何とその曲自体がプログラムから飛ばされたのです。いよいよ私の心は折れてしまいました。そしてコンサート終演後、茫然自失になっていた私にラニー氏は言いましたー「またがんばろう。」ー

 

私はその時初めて、自分自身がどれほどプライドが高く、自己中心的な人生を歩んできたのかということに気づかされました。それから私は、自分の人生をリセットしました。今まで築き上げたものを一旦崩し、ゴスペルに向き合うことを決意したのです。私にとって、ゴスペルに向き合うということは聖書に向き合うこと、つまりそれは神様と向き合うということでした。すると不思議なことに、その後自分の歩むべき道が確かに示されていったのです。

 

「求めなさい。そうすれば、与えられる。探しなさい。そうすれば、見つかる。門をたたきなさい。そうすれば、開かれる。だれでも、求める者は受け、探す者は見つけ、門をたたく者には開かれる。」(マタイの福音書7章7-8節)

 

その後はさまざまなWSや公演に出演させていただいたり、大阪のゴスペルスクールを任せていただく等の経験を通して教会に通うようになり、2000年の5月に受洗しました。

 

私たち人間にはプライドや自己顕示欲があります。それは私たちが罪なる性質を持っている以上はやむを得ないことです。ーけれども、私たちがそのことに気づき、自身の罪を悔い改め、新しく造り変えられていく時に、全く新しい思いが与えられ、神様が私たちに願っておられる「愛ある人生」を歩むことができるー。そのことを学ばせていただきました。

 

その後、関西学院大学総合政策学部を卒業した年(2003年)に神様の恵みによりゴスペルミニストリーS.C.Aを創設。

現在は各地のクワイア指導や奏楽者の育成、コンサート音響やレコーディング・映像音源制作のエンジニア業や、様々なイベントの企画運営といった働きを通して日々主にお仕えしています。

 

プライベートでは、2004年11月に結婚後、2006年に長女、2009年に次女、2011年に長男、2013年に次男が与えられ、現在4児の父として家庭と仕事に仕えながら歩む毎日です。これからも神様の御声に聞き従いつつ、全身全霊でこの身をもって主にお仕えしてまいりたいと思います。

 

 

山本真一郎